So-net無料ブログ作成
お手数ですが、コメント欄から
「メッセしたよ♪」と知らせてねミ・。・ミ∩
メッセージを送る
病気・ケガのコト ブログトップ
前の3件 | 次の3件

避妊手術終了 [病気・ケガのコト]

おかげさまで、無事に終わったとの連絡がありました。ふぅー…

今朝はこちらの緊張を察してか、はたまた空腹ゆえか、ご機嫌斜めでした。
キャリー=病院と覚えてしまったのか、キャリーに入れようとしたら隠れるし。
いくら呼んでも出てこないので、おもちゃで釣って、何とか押し込めたけど、
おもちゃにも反応しなくなったら、どうやって入れればいいのか(´・ω・`)

いつもはが近づいてから鳴きはじめるのに、家の中から鳴きとおし…
一生懸命なだめつつ、入院の用意とchamiと傘を持って、へ。
診察室へ入ると鳴きやんだけど、今度はキャリーの隅で固まってます。
無理やり診察台に乗せると、ブルブルブルブル目に見えて震えてました…

もう一度、手術の説明を受け、そこでchamiは奥へ連れて行かれたのですが、
別れ際の責めるような眼差しがいまでも心に突き刺さってたりします(´・ω・`)

お願いした手術は、卵巣摘出のみ。子宮は残すことにしました。
chamiみたく子宮が未発達な仔猫は、普通よりたくさん切らないといけないし、
猫は、犬に比べて子宮摘出の必要性が低いと聞いたので、そうしました。
もしも今後、子宮の病気にかかってしまったら、また手術することになるけど、
必ずしも病気になるとは決まってないし、いまの負担軽減を考えました。

手術開始は13:30ごろ。順調にいけば、40分程度で終わるそうです。
終了後、あるいは術前・術中にナニカあったら電話を貰う予定だったので、
13:30過ぎたころから、ドキドキしながら、受話器の前に待機。

と。14:00前に受信音が!!

終了予定にはまだ早いし問題でも嶺 と泣きそうな気持ちで電話に出たら、
いたって順調に終了したとのこと。よかった、よかった…

今日は面会できないので、手術後のchamiに会えるのは、早くて明朝。
どんな姿になっているのか全く予想もつかず、不安でいっぱいだけど、
chamiはもっと不安で、怖くて、痛いんだろうな…(´・ω・`)

chamiと暮らしはじめてまだ4ヶ月。それとも、もう4ヶ月?
ちょっと前までchamiのいない暮らしが普通だったのに、
いまとなっては、chamiのいない夜はとても不安なものです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

手術前夜 [病気・ケガのコト]

10/1にで相談してきた避妊手術、明日27日に受けることになっています。
午後からの施術に備えて、今夜は22時以降、固形物は食べられません。
ミルクならOKとのことなので、ヤギミルクを少しあげただけです。
さらに、明日の朝は絶飲。お水も飲めないんだよー(´・ω・`)

そんなこととはつゆ知らず、chamiはいつもと全く変わらず、遊んだり寝たり。
ヒトはじつは不安でドキドキなのですが、その緊張は伝わっていない模様。
神経質になられるよりいいけど、ちょっとかわいそうな気がしてきたり…

20051026寝起き1 カメラ おくつろぎちぅ

今日はささやかな励ましのつもりで、いつもよりもおやつも多めにあげました。
昼間や夜のごはんも、常食でなく、chamiが大好きなご褒美食に。
おいしいモノをいっぱい食べられて、本猫、いたってご満悦のようです。

20051026寝起き2 カメラ ねぼけちぅ

とにかく。chamiちゃん、明日からしばらくがんばってね(`・ω・´)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

避妊手術の相談 [病気・ケガのコト]

先ほど、8/25の2回目のワクチン以来、1ヶ月以上ぶりにへ。

昔は平気だったのに、最近ではすっかりキャリー嫌いになってしまったchami。
押し込んで押さえつけて、を何度か繰り返さないと、キャリーに入れられません。
が近づくとわかるのか、キャリーの底で固まって、震え出す…ナンカカワイソス

今日の目的は、健康診断と、避妊手術の相談。
特に体調が悪いわけではないが、元野良で潜伏虫の不安もあったので、検便も。
何の異常もなく、以前聞かれた心雑音もキレイに消えていてヽミ・。・ミノバンニャーイ

避妊手術の話はたいそう丁寧&適度に学術的に、説明していただきました。

月齢や発達具合のこと、卵巣のみor卵巣+子宮摘出の術式・メリット&デメリット、
日米の違いやここ数年の動向、麻酔のこととか、術前・術後の管理体制とか。
術式によって縫合方法や糸の種類も変わるらしく、糸の実物を触らせてもらったり。
実際に摘出した犬の子宮&卵巣を見せてくれたのには驚きましたw

前のワクチンのときにも思ったけど、この先生がヒトも診てくれたらいいのに。
ヒトの治療でも、いまだかつて、こんな丁寧な先生に出会ったことないよヽ(`Д´)ノ

発情前に手術したほうがいいとは知ってたけど、その理由は知りませんでした。
猫もヒトも辛い経験がなくってストレスにならないから?とか想像してたけど。
乳腺腫瘍の発生率が、発情前0.8%→1回発情後8%になるそうですね。

2回発情すると20%以上に跳ね上がり、3回発情してしまったら、
乳腺腫瘍の発生率は避妊手術をしない♀と同じになるので、予防効果はないとか。
なんとか発情前に手術してあげたいと思いました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット
前の3件 | 次の3件 病気・ケガのコト ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。